恙なく

春は卒業式や入学式、入社式など年度替わりの行事が色々ありますね。
このような厳かな行事は、関係者は恙なく進行、終わってほしいと願っています。
でもこれは、主催をする人の都合です。
人間に恙ないことは続くでしょうか。
いいえ、人間には「恙ない」なんてありません。


厳かな行事の間だけは、恙なく無事に終えてほしい、誰も倒れることなく、逃げ出す者もなく、叫び出す者もなく、恙なく終了してほしいでしょう。
私は、団体の静寂の中にいると、逃げ出したくなります。
じっとして、知らない背広を着た人の超つまらない話を聞くのは、苦痛以外の何物でもありません。
わーって、桜咲く、青空の広がった気持ちのいい外へ飛び出したくなります。
そんなことはしたことはありませんが、咳がしたくても小さく遠慮目にしかできない雰囲気が嫌です。


小学校からですね。
厳かな会場で、じっとすることを強いられるのは。
恙なく卒業し、恙なく労働をし、恙なく人生を送る人なんて、本当にいるのでしょうか。
恙あるのが人間なのにね。

[PR]

by fukuneko22 | 2018-04-04 18:53 | 日記