マイアの言いたかったこと

また不思議な夢を見ました。

猫が擬人化した夢です。

かつていた飼い猫のマイアが出てきました。

マイアは昨年老衰で天界に旅立った猫です。

そのマイアが人のような感情を持つ猫として、夢に現れました。


マイアとは、こたつの周りでやりとりをしました。

マイアがこたつに入りたいけど、理由はわからないけど入れないと言うのです。

言ったといってもテレパシーのような言葉で、実際に言葉を発したのではありません。

でも、確かにマイアはそう言いました。


私はこたつの布団を替えました。

そうしたら、マイアは気持ちよくこたつで寝てしまいました。



それだけです。

次の瞬間には別のストーリーになっていました。


マイア、うちには今こたつはしてないのだよ。

こたつは何を意味しているのだろう。

そして、そのこたつは居心地が悪いから、布団を取り換えてって言いたかったの?

布団は何を指すの?

ずっと、考えています。

[PR]

by fukuneko22 | 2018-04-06 20:49 | スピリチュアル