セルフの時代

現代は本当に便利です。

自分にできないことを、誰かがしてくれます。

ほっぺが落ちるようなおいしい料理、私には作れません。

でも、レストランに行けばおいしい料理をコックさんが作ってくれるので、食べることができます。


スーツのクリーニング、家で洗濯機に入れてまわしたら、よれよれです。

クリーニング店に持って行くと、クリーニング屋さんがきれいにしてくれます。


ほしいものは、パソコンで注文すれば、翌日にはポストに入っています。

髪が伸びたら理容院や美容院に行きます。

自分で切ったら人に笑われます。


では、自分でもできることってどんなことでしょうか。

食べること、着替え、本を読む、運転・・・あまり浮かんできません。

食べることだって、キャベツは買ってきます。

肉は酪農家が育てて、肉屋さんがカットしたものを買ってきます。

運転は、車の企業が作ったものを運転するのです。


純粋に自分だけでできることを考えました。

歩くこと、運動すること、話すこと、考えること。

今思いついたことはこれだけです。



これから、人が減りますね。

全てのことをする人が減っていきます。

野菜を作る人も、魚を獲る人も、運ぶ人も。

髪を切る人も、服を作る人も売る人も。

おいしい料理を作る人も、車を作る人も。

もちろん、すぐには減りませんが、少しずつ、でもそれは確実に。


困らないために、今からできることを考えました。

今までしてもらっていたことを、少しでも自分でできるようにすることではないかしらと思います。

それと、「あきらめていくこと」も大切なのではないかと。

何でも手に入ることを諦めると、それだけで未来がよくなります。


それと、これだけは必要というものまでやる人がいなくなることも忘れてはいけません。

医師も減ります。

食糧が減ります。

これ、命の危機です。

でも、そういう現実を受け入れ、それでも生きていく方法を見つけていかねばなりません。


今、誰にでもできる備えとは、自分のできることを増やすことなのかなと思います。

それと、なければないことに慣れていく順応性。

頼る体質を少しずつ、変えること。

誰かにしてあげることはそのままに、自分はできるだけしてもらわずに自分でやる。

そんな意識が高まれば、将来の危機は少しは乗り越えられるのでしょうか・・・??


自分にはそんなことできない、と思い込んでいるなら、早く心の開放をしてほしいと思います。

心は自由にすると、ウルトラ級の自分が実現できるのですから。

[PR]

by fukuneko22 | 2018-05-22 12:16 | 日記