お盆が終わりました

ご先祖さまへの送り火も終わり、また私たちもご先祖さまも日常に戻ろうとしています。

先日書いたように、お盆にだけご先祖さまが帰るということではなく、いつもそばにいると思っていていいと思います。

でもお盆という節目は、ご先祖をより身近に感じること、思い出すことという意味では大切にしていきたい行事です。


今年はずっと現世の人々にとっては試練の連続でした。

その中で、先日行方不明となっていた2歳児が、無事保護されたというニュースは、久しぶりに心を温かくするものでした。

見つけた方は、捜索を始めて20分で見つけたとのこと。

きっと、この子のご先祖さまがこの方を呼び寄せたのでしょうね。


この方はずっとボランティア活動を続けておられた方。

このように、あることを使命のようにして行動する人には、前世でも同じような使命があったと思います。

心のままに行動をした結果、人を幸福にし、感動を与えることができたのです。


これ、私たちにもできることです。

心を素直にすること、心を開放すること、心を自由にしていくことで、スーパーマンになれるのです。

誰にでもできるのだけど、誰にでもできない。

心を自由にするって、できますか?

簡単に言いますが、非常に難しいことのようです。

自分で難しくしてしまっています。

自分縛り、自分の偽り、自分否定、自分で自分の可能性の芽を摘んでしまっている。

それを人のせいにしたり、普通は~であるとルールを決めて自分を縛ったり、何とか理由をつけて、自由になってはいけないように思い込んでいます。



たった一度きりの人生です。

心を自由に開放して、心のままに進んでみませんか?

[PR]

by fukuneko22 | 2018-08-16 11:06 | 日記