新サービス「月命日のご供養いたします」開始いたしました

11月に入り、神社はどこもとても忙しいようです。
特に日曜日は七五三の家族連れがたくさんおられます。
かわいらしい着物姿、同行する祖父母の姿も見られます。
そして、走り回っている宮司の姿も!!

小さい神社などは宮司さん一人か二人で全部しているので、大変です。
今月は旧歴で神無月となっているのですが、それはそれ。
神様も人の都合で動いてくれます。
ご祈祷の時には、出雲から瞬間移動してこられると思います(笑)
神無月に関しては、諸説ありますので、ご興味あれば調べてみてください。
神様は、いつでも私たちのそばにおられますので、大丈夫です。

本日、新サービス「月命日のご供養いたします」がオープンいたしました。
サービス検索で「供養」とすれば、7番目ぐらいに出てくるのではと思います。
キジ猫の写真のお部屋です。

つい忘れがちな月命日ですが、ちゃんと手を合わせていると、不思議と仏さまとよくつながってきます。
次の祥月命日まで、月命日を大切に思いを届けて、お返事を受け取ってください。

[PR]

# by fukuneko22 | 2018-11-16 14:39 | スピリチュアル

お寺に行こう

秋も過ぎ、冬がやってきました。
木枯らし1号は近々吹くのでしょうか。

日課としての神社まいりがありますが、神社だけでなくお寺にもよく参拝しています。
年によっては、神社よりお寺へ参るほうが多いこともあります。
神社へは浄化、開運。
お寺は何をしに行くところでしょう。
それは、やはり「お願い」をしにいくところです。

お寺には色々な仏さまがいらっしゃいます。
菩薩、如来などの仏様、七福神などもおられます。
肩がこる、腰が痛い、歩けないなど体のことは薬師如来さまに。
亡くなった人を供養したいときは、地蔵菩薩さまにお願いをします。
不動明王を崇拝している方もおられます。
生まれ年の担当菩薩さまを拝む方もおられます。

決まりはありません。
自分が好きな仏を拝んでください。

仏たちは、私たちにお願いされることを待っています。

[PR]

# by fukuneko22 | 2018-11-15 20:16 | スピリチュアル

〆詣で

今年も残すところあと1ヶ月半あまりです。
みなさまは初詣に行かれてますか?
私は、初詣に「行かない」んです。

初詣には行きませんが、〆詣でには行っております。
〆詣でとは、私が造った言葉なのですが、元旦にお詣りする初詣に対して、大晦日にお詣りすることなのです。

毎年、大晦日の神社の閑散とした独特の雰囲気の中、明日(元旦)の準備も整った頃、ゆっくりと参道を進みます。
大晦日の神社は、いつもに増して荘厳な空気です。
しっかりと防寒をして、顔だけ出して、でもお手水ではちゃんと手を出して。

年の初めにまず神様にお詣りをするのは、日本の習慣です。
でも、元旦にもちゃんとお詣りしています。家の神棚に。

大晦日に神社に行って、神様に一年のお礼を言いにお詣りをします。
そして、元旦の朝、家の神棚の神様に「今年もよろしくお願いします!」とお詣りをしています。

昨日(大晦日)に新年のお札をいただいているので、それを神棚にあげて、元旦に我が家のミニ神社に新たな年のお詣りをするのです。
今年も、大晦日が楽しみです。
あの、荘厳な空気を味わったら、二度と元旦の混雑の中でお詣りできません。

[PR]

# by fukuneko22 | 2018-11-09 23:14 | スピリチュアル