<   2018年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

自分を守る術

みなさま、自分を守れていますか?

自分のスタイルを脅かすもの、ペースを乱すものなどに、きっぱりと「NO」を言えてますか??



ハイヤーセルフから「この人はだめ!」「この場所はだめ!」という声を無視するといいことはありません。

ハイヤーセルフからの導きは、あなたの直感です。

直感で嫌な感じがする人(物や場所など)は、できるだけ避けてくださいね。



でも、どうしても関わりを持たないといけないこともありますね。

関わりを持ったら、そのマイナスエネルギーに巻き込まれないようにしてください。

そして、その人(場所)のいい所も見つけてみてください。

そのいい所を拠所として、距離を保ってください。



サービス業の方は、色んなクレーマーに出くわす機会があると思います。

出くわしたら、一人で解決しようとせず、必ず複数の人で対処しましょうね。

脅しには屈しないように、知恵を持ちましょう。

威勢のいいクレームは、感情的で整合性もありません。

いつもクレームをつける対象を探していて、心が満たされないことは哀しいことです。

悪い「気」を身に付けておられることが多いです。

もしそんな人、場所に出会ってしまったら、お線香を焚いて浄化してくださいね。


[PR]

by fukuneko22 | 2018-05-31 20:18 | 日記

通信トラブルおさまりました

通信のトラブルが直り、ホッとしています。

ご利用くださっている方には、ご迷惑をおかけしました。

順次、診断の方は対応しております。


霊友(れいとも)・・・霊感のある友達・・・も、霊視などで強力な波動など送ると、通信が切れるとぼやいていました。

私は、過去に強力にそれを体験しています。

パソコンが壊れました。

復旧できませんでした。

今回はそれほどでもありませんでしたが、気を付けるべきだと感じています。


雷が鳴りだしたら、電源を切ることと、霊的な波動を感じたら、これも電源オフです。

ご予約は通常通り受け付けております。


[PR]

by fukuneko22 | 2018-05-29 17:50

緊急のお知らせ

鑑定をご利用の皆様に緊急のご連絡です。


現在、ネットワークのトラブルのため、診断が遅れております。
現在お申し込みされている方、新たにお申し込みをされる方に大変ご迷惑をおかけしております。

正常な復旧までに今しばらく時間がかかりそうです。
ネットは通じている状態ですが、不安定です。
根本的な解決までまだかかりそうですので、お急ぎの方は申し訳ありませんが、今はお引き受けできません。
※新たにお申し込みされた方には、お急ぎかどうか尋ねています。


[PR]

by fukuneko22 | 2018-05-28 13:03 | スピリチュアル

心を自由にする

号外です。


「心を自由にする」「心を開放する」

私の診断では、一番多く使っている言葉だと思います。

何だか、抽象的でわかりづらいのではないかと思い、取り急ぎ記事にすることにしました。


ハイヤーセルフからのメッセージをお伝えする時に、この表現は一番多いのではと思います。

心を自由にすれば、すべてがうまくいく。

心を開放すれば、願いが叶う。


簡単なようで、心の持って行き方など、そう簡単にはできないというのが現実なのではないでしょうか。

心を自由にするなんて、できていたら今頃悩んでいないのかもしれません。


心を自由にすることを理解するために、心を不自由にするということを書いていきます。

まず、明日は海に行きたいと思ったとします。

カメラを持って行こう、お弁当を持って行こう、水筒もいる。

あれこれ計画を立てていると、本当に楽しいです。

でも、あれ?明日は暑くなるといっていたっけ?

それと、一時雷雨がくるかもしれないとか?

結構遠いから、ガソリン代がかかるかな?

給料前だから、何か無駄使いしそう。

・・・やっぱり海に行くのやめた。



これが、心を不自由にした状態の例です。



海に行かなかったことで、何を得て、何を得なかったでしょうか。

記事はここまでです。

ここからは、ちょっと考えてみてください。

極端な例は出さないでください。
(出かけなかったら、事故に遭うリスクから逃れたなど)
心の自由、不自由についての話ですから。


分析ではなく、感性で。

[PR]

by fukuneko22 | 2018-05-26 20:19 | スピリチュアル

100万回生きる

生命誕生のドキュメンタリーなどを見るのが楽しみなこの頃です。

人類の進化や人類の分類とか、ゆっくりと歩み続けた歴史があります。

この日本はホモサピエンスを元に、縄文人と弥生人のミックスと言われています。

動物でもそうですが、同じ種族で栄えるよりも、違う種族との混合の方が強いのですね。

雑種が強いもの、色んな交配から生まれたからということです。

弥生人は大陸から逃れてきた人たちということで、日本に奥ゆかしさを運んできました。

丈夫な体の縄文人と、奥ゆかしい弥生人という最高の血を受け継いでいるというわけですね。


ところで、100万回生きたねこという絵本があります。

大好きな絵本の一つなのですが、ホモサピエンスの時代から数えると、現在人も100万回ぐらいは生まれ変わっているかもしれないですね。

正確な計算をしてみたいところです。


魂は何度も転生を繰り返し、その度に磨かれたりまた転んだり、でも神の領域に達するまで何百回、何百万回も生まれ変わるという、気の遠くなる旅です。

こうして、つながっているのだとわかると、少々の困難でも乗り越える勇気がわいていく感じがします。

[PR]

by fukuneko22 | 2018-05-26 17:51 | スピリチュアル

便利な道具

もう夏と同じ自然条件です。

そうです、夏に見る虫だちが出揃ってきました。

あ、でもまだ蚊は見ていません。


みなさま、蚊やハエにはキ〇チョールとかの殺虫剤をお使いですよね。

でも、私は近年使っているのは、「虫取り網」なのです!

100均の虫取り網、これすごーい優れものなのです。

ハエの捕獲、今まで100発100中。

ハエのみならず、家の中に出没した虫のほとんどは、この虫取り網で捕獲できているんです。


殺虫剤を使うのは、ム〇デだけです。

ム〇デでも、網は使えますが、ム〇デは足が速く、発見して網を取りに行っている間に見失ってしまいます。

殺虫剤はム〇デ用に、いつでもどこでも発見していいように、手の届く場所に置いていますから、ム〇デに限っては、殺虫剤を使います。

そうそう、肝心な虫さんを忘れていました。

あいつです、あいつ。

カミキリムシさんに似た形の、足が速いやつです。

あれだけは、虫取り網では取りません。(怖くて取れません)

あの虫さんに使う道具は、ホウ酸団子です。

手作りです。

市販のものよりも、手作りの方が効くと思っています。

ホウ酸団子を置いてから、姿を滅多に見ません。

時折、よそのお宅から飛んできた(と思われる)虫が間違って入ってくる程度です。


虫取り網のいい点は、殺虫剤を使う機会が減ること、うまくすれば虫さんを殺さずに外に逃がせるということ(特にクモ類、ヤモリなど)

ちなみに、ハエは網で捕まえたら、網の上からハエたたきで気絶させて外にポイです。


ヤモリさんは、手でやさしく包んで外に返したいのですが、(ヤモリが好きなので)ヤモリさんの方がビックリすると思うので、網でふんわり包んで外に逃がします。

今度、100均に行かれましたら、虫取り網を買って、害虫虫取りデビューをしてみませんか?

[PR]

by fukuneko22 | 2018-05-22 22:44 | 日記

セルフの時代

現代は本当に便利です。

自分にできないことを、誰かがしてくれます。

ほっぺが落ちるようなおいしい料理、私には作れません。

でも、レストランに行けばおいしい料理をコックさんが作ってくれるので、食べることができます。


スーツのクリーニング、家で洗濯機に入れてまわしたら、よれよれです。

クリーニング店に持って行くと、クリーニング屋さんがきれいにしてくれます。


ほしいものは、パソコンで注文すれば、翌日にはポストに入っています。

髪が伸びたら理容院や美容院に行きます。

自分で切ったら人に笑われます。


では、自分でもできることってどんなことでしょうか。

食べること、着替え、本を読む、運転・・・あまり浮かんできません。

食べることだって、キャベツは買ってきます。

肉は酪農家が育てて、肉屋さんがカットしたものを買ってきます。

運転は、車の企業が作ったものを運転するのです。


純粋に自分だけでできることを考えました。

歩くこと、運動すること、話すこと、考えること。

今思いついたことはこれだけです。



これから、人が減りますね。

全てのことをする人が減っていきます。

野菜を作る人も、魚を獲る人も、運ぶ人も。

髪を切る人も、服を作る人も売る人も。

おいしい料理を作る人も、車を作る人も。

もちろん、すぐには減りませんが、少しずつ、でもそれは確実に。


困らないために、今からできることを考えました。

今までしてもらっていたことを、少しでも自分でできるようにすることではないかしらと思います。

それと、「あきらめていくこと」も大切なのではないかと。

何でも手に入ることを諦めると、それだけで未来がよくなります。


それと、これだけは必要というものまでやる人がいなくなることも忘れてはいけません。

医師も減ります。

食糧が減ります。

これ、命の危機です。

でも、そういう現実を受け入れ、それでも生きていく方法を見つけていかねばなりません。


今、誰にでもできる備えとは、自分のできることを増やすことなのかなと思います。

それと、なければないことに慣れていく順応性。

頼る体質を少しずつ、変えること。

誰かにしてあげることはそのままに、自分はできるだけしてもらわずに自分でやる。

そんな意識が高まれば、将来の危機は少しは乗り越えられるのでしょうか・・・??


自分にはそんなことできない、と思い込んでいるなら、早く心の開放をしてほしいと思います。

心は自由にすると、ウルトラ級の自分が実現できるのですから。

[PR]

by fukuneko22 | 2018-05-22 12:16 | 日記

複雑な世界

スピリチュアルな世界というのは、本当に複雑です。

この世では想像もできない複雑さで、未だ誰にもはっきりと解明されていないと認識しています。

この世の複雑さと次元が違います。

東大の試験問題のような複雑さとは違うのです。



一人の人間の感情は複雑ですよね。

人が二人、三人と増えていくと、感情の絡みはもっと複雑になって、その複雑な感情の絡みで社会ができます。

うまく言えませんが、この世の複雑という意味の複雑と、天界の複雑という意味がそもそも違うと思うのです。

私たちは真理という言葉で片づけようとしますが、真理は一つということも違うような気がします。

宇宙の話になると、寝られないし、結論は出ません。

宇宙を解明するなんて、きっと人間には無理です。

それと同じことで、生きている人間が、天界のことを解明するのは無理なのだと思います。

見える人は、天界のしくみの入り口が見えるのではないでしょうか。

また、天界の中の人間という生き物はほんの一部です。

一部は全体であるということでもあるのです。

細胞が宇宙、宇宙は細胞ということです。



ますます意味がわからなくなりましたね。

天界の秘密は、この世を去ったらわかるでしょうか?

いいえ、わからないと思います。

私たちは全体像を知ることはないというイメージです。

知る必要もないのでしょうか。

宇宙が想念という考え方もあります。

実態のないものにしては、現実感だらけです。

現実感も怪しいと思うこともありますが、それ以上は考えても無駄です。



想念なら想念でもいいです。

その中で精一杯生き切ること。

それしかありません。

[PR]

by fukuneko22 | 2018-05-20 15:00 | スピリチュアル

思い出す事にヒントある

ふと、何でもない時に昔の事を思い出すことがありますよね。

今していることと、何の脈絡もないことをふと思い出す。

それは、ハイヤーセルフからのメッセージです。



一昨日のことです。

なぜか、遠い昔にクラスに西城秀樹さんの歌まねをよくしていた男子のことを、ふと思い出しました。

その子の事を思い出したのは、卒業してから初めてかもしれません。

テレビで、西城秀樹さんの映像を見たとか、その頃の写真を見つけたなどでもありません。

ふと、思い出しました。


すぐにそれは消えてしまいましたが、翌日(つまり昨日)西城さんの訃報を耳にしました。

「あ、このことだったんだ」とわかりました。


西城さんは、相当高いレベルの魂の方だということはわかります。

できれば、直接お会いするか、通信で過去世を診断してみたいです。

きっと、名のある高僧、指導者クラスの方だったのではと思います。


ご冥福をお祈りいたします。

[PR]

by fukuneko22 | 2018-05-18 10:05 | スピリチュアル

突然のスイーっと

晴れたり、降ったり、曇ったり。

お天気が不安定です。

曇っていても、鳥たちは澄んだ声でさえずっています。


朝、猫と一緒に窓を開け放して外を眺めていると、スイーっと、何かが部屋に入ってきました。

猫と私は入ってきたものに視線を移しながら、またスイーっと出て行った鳥を目で追いました。

ツバメが一瞬部屋に入り、また外に出て行ったのを、猫と私は黙って見ていました。



また、入ってきて出られなくなったら、あるいは猫が追いかけてもいけないから、窓を閉めました。

まだ巣を作る場所を探している?

もう完成している頃では?

いい場所を求めて、巣作りが慎重になっていたのかも?


また、別の所では、「ピチュ ピチュ ピチュ ピチュ」と規則的に4回鳴いては止める、を繰り返している鳥がいます。

とても澄んだ声です。

でも姿は見えません。


ふと見ると、猫が窓越しに遠くのどこかをやや首を伸ばして凝視しています。

その視線の先を見ると、野良猫がすたすたと歩いていました。

保護色、しかもかなり遠くです。

よく発見するなと感心します。

猫も他人(他猫)の動向には興味があるようです。

[PR]

by fukuneko22 | 2018-05-16 13:39 | 日記