<   2018年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

バランスの上にある命

近年、天敵のいない動物が、農村で増えています。
オオカミがいた時代は、オオカミが農作物に被害を及ぼす草食、雑食の動物を食べていたことで、ひどいことにはならずに済みました。
その代わり、干ばつなど自然災害や害虫の発生など、他の被害はありましたが、イノシシやシカ、サルなどの被害は多くはありませんでした。

オオカミやキツネ、イタチがシカなどの動物が増えすぎるのを防いでいたのですね。
食物連鎖が正常に働いていたのです。
私たちは、食物連鎖のバランスの上に生きています。
これが、崩れると極端な増加、極端な減少につながります。

人にとって有害な虫や動物を駆除することで、結局は人にも害を及ぼします。
それがわかっていてもなお、このバランスを崩すことを日々続けています。

今地球で命あるものは、すべて丁度いい気温、丁度いい気候、丁度いい回転速度などによって奇跡的に生命活動がなされています。
地球の温度が暑すぎても、寒すぎても生命は生きていけません。
このバランスということが、命の条件なのです。

私たちは、何事においてもまずバランスがいいことで命、健康、楽しい、嬉しい、輝き、自由などあらゆる幸福が成り立ちます。
バランスが悪い状態の上には幸せはありません。
体も、心も、全てはバランスが鍵を握ります。

感情もバランスです。
寂しい、悲しい、腹が立つなどのマイナス感情以外でも感情の行き過ぎはよくないのです。
はしゃぎすぎ、嬉しいあまりに人を傷つける言動があったり、うかれたり、天狗になったりと、プラス感情にも行き過ぎもよくありませんね。

自分を保てる範囲内での感情の起伏は大丈夫です。
しかし、それを超えると自律神経のバランスを崩して体を痛めます。
丁度いいを意識して、それを調整することを心掛けてください。

食べ過ぎない、飲みすぎない、はしゃぎすぎない、笑いすぎない、泣きすぎない、怒りすぎない、歌いすぎない、眠りすぎない、運動しすぎない、働きすぎない、遊びすぎない・・・
全てはバランス、これは幸せに生きる合言葉です。

[PR]

by fukuneko22 | 2018-08-30 14:04 | 日記

お願い事、してもいいよ

朝夕、涼しくなりましたね。
でも台風の影響なのでしょうね。
台風が去ったら、早い秋になりそうです。


一般によく言われていることですが、神様にはお願い事をして、ご先祖さまには感謝をということです。
でも、私はこう考えます。
神も仏も生きている人のために頑張っています。
仏壇ではお願いごとをしてはいけないなんて、誰がそのような作法をきめたのでしょう。
それも一理あるのですが、私は神様にも仏様にもお願い事や、苦しい報告などどんどんしてくださいと言っています。

誰に遠慮がいるでしょうか?
ご先祖さまに本心を打ち明けると、ご先祖さまは本気で心配してお守りされようとします。
ご先祖さまにも本心を隠して「感謝、感謝」だなんて、今日からやめてください。

お仏壇または祭壇などに困ったことを相談してください。
その相談事は、ご先祖さまが聞いているとは限りません。
あなたのハイヤーセルフが聞いているかもしれません。
ハイヤーセルフは、あなたの心配事をなくすよう導かれます。
しばらく考えて、それで思い立ったことは、ハイヤーセルフからの進言です。
「あ、そうだ!」とわかったことがあれば、それはアドバイス。
素直に従いましょう。


そして、「でも、待てよ」「いや、やっぱり違う」「現実的にできっこない」と、折角ひらめいた、ハイヤーセルフからの進言を打ち消すことのないよう、心を自由に、前向きに進みましょう!

[PR]

by fukuneko22 | 2018-08-20 20:51 | スピリチュアル

お盆が終わりました

ご先祖さまへの送り火も終わり、また私たちもご先祖さまも日常に戻ろうとしています。

先日書いたように、お盆にだけご先祖さまが帰るということではなく、いつもそばにいると思っていていいと思います。

でもお盆という節目は、ご先祖をより身近に感じること、思い出すことという意味では大切にしていきたい行事です。


今年はずっと現世の人々にとっては試練の連続でした。

その中で、先日行方不明となっていた2歳児が、無事保護されたというニュースは、久しぶりに心を温かくするものでした。

見つけた方は、捜索を始めて20分で見つけたとのこと。

きっと、この子のご先祖さまがこの方を呼び寄せたのでしょうね。


この方はずっとボランティア活動を続けておられた方。

このように、あることを使命のようにして行動する人には、前世でも同じような使命があったと思います。

心のままに行動をした結果、人を幸福にし、感動を与えることができたのです。


これ、私たちにもできることです。

心を素直にすること、心を開放すること、心を自由にしていくことで、スーパーマンになれるのです。

誰にでもできるのだけど、誰にでもできない。

心を自由にするって、できますか?

簡単に言いますが、非常に難しいことのようです。

自分で難しくしてしまっています。

自分縛り、自分の偽り、自分否定、自分で自分の可能性の芽を摘んでしまっている。

それを人のせいにしたり、普通は~であるとルールを決めて自分を縛ったり、何とか理由をつけて、自由になってはいけないように思い込んでいます。



たった一度きりの人生です。

心を自由に開放して、心のままに進んでみませんか?

[PR]

by fukuneko22 | 2018-08-16 11:06 | 日記

もうすぐお盆

あとわずかでお盆です。

お盆にしか帰れない人も、ふるさとでのひと時を、楽しみにしていることでしょう。

楽しみではなく、「苦行」となっている人もいますね。

一年で一番暑い時期、混んだ道を何時間もかけて走り、着いたら家の人に気をつかい、疲れ果ててまた帰路へ。

お墓参りに心入らず、生きている人の顔色ばかり気になってしまうなら、何かを改める必要がありそうです。



ご先祖さまは、お墓におられるでしょうか?

お墓にはいませんというか、いつも私たちのそばにいます。

そして、天界では修行の日々を送っておられます。

お盆だからって、帰ったりしません。

なんか、素っ気ないですね。

でも、お盆の風習は人が作ったものなので。

時にはご先祖さまが、それに合わせて帰ってくれることもあるので、やっぱりお盆にはお墓に参っておくことは、まったくの徒労ではないとは思います。



天界の人にとって、お墓はあまり重要ではないんですね。

昔昔の人は、一部の偉い人を除いて、お墓などなかったのですから。

家からちょっと離れたところに、穴を掘って埋めていただけ。

徐々に偉い人の真似をして、庶民もお墓に石をのっけて、死を悼むようになっただけです。

墓を作らなかったら成仏できないとか、子孫に祟るとか、ないない!

でも、家族が死んで墓を作らなかったらこの世界では変な人になってしまうから、それでみんな同じようにお墓を作って拝んでいるのですね。



気持ちの問題で、お盆にお墓を掃除して、気持ちよくすれば、明日からまた仕事が順調になりそうじゃないですか。

お盆にお墓参りをするということは、日々、丁寧に生活をしているということの延長なのです。

※お盆休みがない人は、行ける時でいいのです。


守護霊にご先祖さまがいる人は、いつも守ってくれてありがとうと、心で言うだけでいいです。

もちろん、守護霊さまの存在すら知らなくても、お礼を言わなくても、守ってくれます。

お礼を言われるためにお守りをしているわけではないので。



今年、お盆でお墓参りをするなら、ご先祖さまが墓参りに「合わせて」いてくれることを期待して、いつもよりお墓掃除を念入りにしてみてくださいね。

その時、ご先祖さまの生前の活躍などに、思いを巡らせてあげてください。

[PR]

by fukuneko22 | 2018-08-04 21:14 | スピリチュアル