<   2018年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

気がかりなことを越えるとは

秋も深まって、暖房を使い始めた方も多くいらっしゃることと思います。
これからはさらに気温の変化に注意です。

丁度いい季節だなと感じても、すぐにその季節は過ぎ去ります。
35℃という倒れるほどの暑い夏も、何週間かすれば30℃に落ち、気が付けば30℃を切る日々がやってきます。
寒い冬も然り。

人生もまさに自然そのものです。
いい季節はなぜか一瞬に感じ、暑すぎたり寒すぎる季節は長く感じます。
苦しい時は長く感じ、いい時はあっという間という時間の感覚には慣れることはありません。

食事にしても、入浴にしても、口に運んで幸せを味わう時間は一瞬、風呂につかって「極楽・・」と感じるのもほんの数分。
その前後の忙しいこと。
その一瞬のための準備と後片づけはつきもの。
人生も同じようなものです。



いつも何か気がかりなことがあり、本来すべきことに集中できないことがありますか?
気がかりなことから解放され、やりたいことに集中できたら、どんなに素晴らしい自己実現ができるでしょう。
気がかりなことがあっても、それに耐えてすべきことに集中することは、まさに魂の修行といえるでしょう。
でも実際、魂の修行といっても人間は弱いもの。
修行とは、何か希望があってはじめてできること。

心が壊れそうになりながら、仕事だったり勉強だったり、妻でいたり夫でいたりせねばならない日々に、どんな希望を持てばいいのでしょう。
希望とは、このトンネルをいつか抜け出すということ。
ところが、このトンネルの長さを自分で長くしていることがよくあるのです。
本当に八方ふさがり?
この状況をどうすれば打開できるのか、堂々巡りになっていませんか?

「置かれた場所で咲きなさい」という渡辺和子さんの著書があります。
一方で、「逃げること」を勧める考え方もあります。
私はどちらかというと、日本人はなかなかその場所からは逃げられないものだと思います。
逃げろと言われても、現実がつきつけられます。
カバンに着替えをまとめて、寅さんみたいに放浪するの?
いやいや、そんな資金も度胸もありません。

しかし、置かれた場所でも咲けない。
だからトンネルは長~くなってしまうのです。


だったら、時々現実逃避をするしかないのです。
現実逃避、これはなかなかいいですよ。
人に迷惑かからず、費用もあまりかからず、ありますね、色々な現実逃避の方法が。
自分にあった逃避をしながら、問題と本気で向き合ったり、あれこれ打開策を考えたり、そしてまた現実逃避。
そうしているうちに、訪れる状況の変化があります。
悪い方に状況変化することもありますが、その時は嵐が過ぎるのを待ちましょう。

これ、逃げられない人の方法です。
逃げられる人は、逃げてください。
いつか逃げようと思っている人の望みになりますから。

暑い夏も、寒い冬も、いつしか春か秋のようになり、ついには今日が何月何日であるのかさえ、忘れてしまっている日がくるかもしれません。
暑い日も、寒い日も何とかしのぎながらトンネルを抜けると、「老後」という人生のごほうびがもらえるのではと思います。

[PR]

by fukuneko22 | 2018-10-29 21:40 | 日記

神様はどこへ

祭りの季節です。
先週、今週と各地でお祭りがおこなわれています。

最近神社に行っていない方は、お祭りできれいになった神社に行ってみてください。
一年に一度、当番の氏子たちが祭りのために神社をきれいに掃除したり、手入れをしていますから、お祭りの後の神社はとてもきれいです。

神様もきれいな社でとても気持ちよさそうにしています。
ところで、この神社、お祭りしてくれる氏子たちがいなくなったら、どうなるのでしょうね。

人の集まるところには神様がいます。
山の神様、海の神様、台所にもいますね。
神棚に祀られている神様、家人がいなくなって、空き家になったら神様はどうなるのでしょう?

大丈夫です。
神様は人がいなくなってしまったら、その役目が終わったことになり、そこからいなくなります。
神棚のある家が空き家になってしまって、神様の扱いを気にされるなら、その地区におられる宮司さんに頼んで、お祓いをしてもらってもいいです。

例えばこの先、少子化で小さい集落には人がいなくなるという事態もありうるでしょう。
その集落の神様、神社は誰も手入れしなくなるので、廃墟のようになります。
神様は人がいなくなってしまうと、もうそこにはいません。
村を守るという役目を終えて、元の場所に帰られます。

きっと、最後の村人、氏子が神様じまいの儀式をしていると思います。
元々神様の御霊はいくつもありますから、神社が少なくなれば、大きい神社に統合されていきます。
大きい神社も何十年後、何百年後になくなってしまうとしたら、神様はいよいよ天界に帰るでしょうか。
それとも、祀られなくとも人々の元に舞い降り、人の願いに寄り添ってくれるでしょうか。

きっと、神社がなくなってしまっても、人がいる限り神様は人の役に立ちたいと、そばにいてくれると思います。

[PR]

by fukuneko22 | 2018-10-24 21:54 | スピリチュアル

静かに佇む社

山の中のこんもりした神社にお詣りしました。
とても静かに佇んでいる神社です。
早速、ご神木に挨拶をしました。

手を当てて、深呼吸しました。
すると、「ようこそ」と快く迎えてくれました。

ご神木からはとてもよい香りがして、ずっと触っていたかったです。

社は氏子さんたちの手入れが行き届き、修繕もされていて、新しい木の香りがします。
最近のお願い事を、めいっぱいお願いしました。

本当に体の芯まで浄化され、神社をあとにしました。

[PR]

by fukuneko22 | 2018-10-18 23:54 | スピリチュアル

お知らせ

10月16日(火) 木村藤子さんのキセキの相談があるようです。
あまり脚色をしていない内容ならと願っています。
そのままの木村さんを映してほしいと思います。

予約完了です。

[PR]

by fukuneko22 | 2018-10-11 23:55 | スピリチュアル

いらず

全国的に雨模様。
雨もこのように恵となるぐらいで丁度いいです。

買い物に行った時のこと。
園芸コーナーであるお客さんが「猫いらずありますか?」とスタッフに尋ねていました。
猫いらずって植物あるの!?と、気になりました。
スタッフは首を傾げて「猫いらずですかぁ~??」と考えていました。
猫のいらない植物ってなんなんだろう?と真剣に考え、スタッフがどんな植物を持ってくるのか、私も待っていました。

お客さんは、「葉をちぎってヤケドにつけるの、あるでしょう?」と言いました。
スタッフは「あぁ・・・医者いらずですね!」と。

お客さんは「そうそう、医者いらず(笑)」
私も(笑)のおこぼれ頂戴しました。
アロエのことだったんですね。


「いらず」だけ合っていただけでは、私もわかりませんでした。
他にも~いらずないか、探してみました。
「嫁いらず」「水いらず」・・・他にもあったか?
浮かびません。
~知らずならたくさん浮かびます。

ちなみに猫いらずってなんだったけ?
うちは猫は絶対にいります!(=^・^=)



[PR]

by fukuneko22 | 2018-10-11 11:26 | 日記

軽くなったのは・・・

真夏に比べると木陰は過ごしやすいですが、まだまだ暑いですね。

今週は後半から少し秋らしくなりそうです。

昨日は神社のお掃除をいたしました。

そのお陰で、今日はとても体が軽いです。

神様ありがとうございます(*'▽')

[PR]

by fukuneko22 | 2018-10-09 15:35 | 日記

予知夢

4日前に予知夢を見ました。
地震の予知夢でした。
日本地図に、各地の震度が書かれているものです。

今日その地方に地震がありました。
しばらくはどこの地域でも用心がいると思います。

[PR]

by fukuneko22 | 2018-10-07 10:37 | スピリチュアル

好きな音楽があれば

この地味なブログを見てくださっているという方がいて、嬉しいやらお恥ずかしいやら、記事のアップにも身のしまる思いです。
どちらかというと、スピリチュアルな内容より日常の感じたことなどをただ書いているものになっております。
視えない世界のことは、鑑定でお伝えしていることで出し切っているので、あまり書くことが浮かばないのです。

こちらを見ているとおっしゃってくださった方が、音楽の趣味が同じであることを書かれていて、感激しました。
好きな歌は実はもっとたくさんあり、ジャンルもまちまちです。
古くはオフコース、チューリップなどを経て甲斐バンド、佐野元春さんも聞きこんでいます。
YMO、ユーミン、竹内まりやなどなど(もっといましたが)今でも時々聞いてます。

海外は書ききれません(⑅ n´∀`n)
最近懐かしくて聞くのはABBAですね。
人生初めて買ったレコードは「チキチータ」でした。
丁度デュラン・デュランなどのブームをきっかけに海外ものを聞きまくりました。
ビリージョエルは今でも神です。
オネスティは歌詞全部書けます(歌は歌えません)

他にも明日に架ける橋、Arthur's theme、sailingなども今でも聞きたくなる曲です。

懐かしいものばかりですが、最近の方々も聞きます。
JUJUさん、いきものさん、松たかこさん・・・

秋の夜長は、好きな音楽で贅沢な時間をお過ごしくださいね╰(✿´⌣`✿)╯♡

[PR]

by fukuneko22 | 2018-10-07 00:14 | 日記

生活の知恵

もうこれで終わりと思っていた台風がこの連休を襲います。
時に思うことですが、世界の全ての霊能者が一斉に念じたら、台風が消滅しないだろうかと思います。
映画の中でありそうな話ですね。

みなさまは、自分は霊感がない、幽霊を見たことがないから霊感がないと思っておられる方も多いと思います。
霊が見える人が全て霊感があり、霊が見えない人が全て霊感がないとは思いません。
直感が働く人は霊感があるということです。
天界の方の夢をよく見る人も霊感はあります。

霊感とは特別は能力ではなく、五感と同じく人間の能力のひとつです。
なんとなく嫌な予感がする、今日は朝から予定を狂わすことばかり起こるとか、そういう感覚は大切にしてほしいと思います。

昔から、旅行などに行くとき、車が故障したりして予定が変更されると「今日は行くなということだ」といいますね。
無理をしない、ありのままを受け入れるなど、古くからある生活の知恵を大切にしたいものです。

[PR]

by fukuneko22 | 2018-10-04 11:00 | スピリチュアル